【朗報】ヨドバシが『小型EV』を発売、家電量販店で初「家電化する車」ついに店頭へ

【朗報】ヨドバシが『小型EV』を発売、家電量販店で初「家電化する車」ついに店頭へ

【朗報】ヨドバシが『小型EV』を発売、家電量販店で初「家電化する車」ついに店頭へ

car_denki (1)
1: 少考さん ★ 2021/12/29(水) 12:36:17.67 ID:CAP_USER
ヨドバシが小型EVを発売、家電量販店で初「家電化する車」ついに店頭へ | 電波新聞デジタル
https://dempa-digital.com/article/266711

デジタル版オリジナル

2021.12.28

https://dempa-digital.com/wp-content/uploads/2021/12/22989_pimg01.jpg

ヨドバシカメラが小型の電気自動車(EV)の店頭販売を28日から開始した。ビークルファン(東京都江東区)が製造・販売する小型EVで、運転するには普通自動車免許が必要。EVの取り扱いは家電量販店として初で、「家電化する車」を象徴する対応といえそうだ。

 新宿西口本店(東京都新宿区)で、ビークルファンの3人乗り小型EV「EV-TUKTUK」などの実車を展示し、5機種の販売を開始した。全国店舗のほか、ネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」からも注文できる。

 TUKTUKは最大時速40キロメートルで公道を走れる一方、両側ドアがない「側車付軽二輪」登録であるため、車やバイクと違って車検や車庫証明が不要。家庭用100V電源から8時間から10時間で充電でき、最大80キロメートル走行できる。「ちょっとした買い物などに使いやすい」(ヨドバシカメラ新宿西口本店自転車専門チーム・小崎諭グループリーダー)。毎年の重量税はかかるが、車やバイクに比べると維持費の大幅減を実現する。

 購入時に「納車パック」として、登録手数料やナンバー登録料、重量税、自賠責保険(3年)などの加入が必要。エリアによって配送料が変わり、首都圏などが最も配送料が安い。新宿西口本店に実車を展示したのもこうした背景があり、今後首都圏を中心に実車の展示店の拡大も検討していく。

 東京や神奈川、千葉など最も配送料が安いエリアのTUKTUKの納車パック価格は税込み14万5000円。ここに本体価格(TUKTUKで税込み66万円)が支払総額になる。本体はヨドバシポイント10%の還元対象だ。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

マネーライフ2chカテゴリの最新記事