【中国】恒大グループ 傘下企業の株式売却できず 猶予期間の終了迫る

【中国】恒大グループ 傘下企業の株式売却できず 猶予期間の終了迫る

【中国】恒大グループ 傘下企業の株式売却できず 猶予期間の終了迫る

1: 新種のホケモン ★ 2021/10/21(木) 08:24:54.42 ID:CAP_USER
中国恒大
巨額の債務を抱えて経営難に陥っている中国の不動産大手恒大グループは、傘下の企業の株式を売却する交渉が成立しなかったことを明らかにしました。売却によって資金繰りを改善させるねらいでしたが、経営はさらに苦しくなるとみられます。
中国の不動産大手恒大グループ傘下の不動産管理会社は20日、別の不動産会社に株式を売却する交渉が成立しなかったと発表しました。

交渉相手の会社によりますといったんは株式の50.1%をおよそ200億香港ドル、日本円で2900億円余りで買い取ることで合意したものの、条件が折り合わなかったということです。

この交渉のために香港証券取引所では恒大グループなどの株式の取り引きが停止されていましたが、21日から再開される見通しです。

巨額の債務を抱えて経営難に陥っている会社は9月23日以降、ドル建ての社債の利払い期限を相次いで迎えていますが、現在は30日間の猶予期間にあると説明しています。

ただ、傘下の企業の株式売却が不調に終わったことで、猶予期間の終了が迫る中、資金調達の手段の1つを実現できなかったことになります。

これに関連して会社は「困難さや不確実性などから、財務上の義務を果たせるか保証できない」として、厳しい状況にあることを認めていて、経営はさらに苦しくなるとみられます。

NHK 2021年10月21日 4時55分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211021/amp/k10013315801000.html


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事