【韓国伝統刀剣なんて無い】 映画『鳴梁』、李舜臣将軍の剣が本物みたいな理由は?昔、日本に渡った技術を復元。15年のノウハウ

【韓国伝統刀剣なんて無い】 映画『鳴梁』、李舜臣将軍の剣が本物みたいな理由は?昔、日本に渡った技術を復元。15年のノウハウ

【韓国伝統刀剣なんて無い】 映画『鳴梁』、李舜臣将軍の剣が本物みたいな理由は?昔、日本に渡った技術を復元。15年のノウハウ

1: LingLing ★ 2021/06/30(水) 08:34:20.31 ID:CAP_USER
『鳴梁』のなかで李舜臣(イ・スンシン)将軍の剣が本物同じ理由?「高麗伝統技術の15年のノウハウ」
・映画・ドラマ300本以上の小道具製作
・伝統刀剣の技術、日本の匠人から伝授され

映画『鳴梁』で使用された長剣。忠武公李舜臣将軍が使用した長剣をそのまま再現している。 写真=高麗伝統技術提供
no title

no title
[トゥデーコリア=キム・ドンイル記者] 韓国の固有の文化映像コンテンツである「史劇」。OTT(Over the Top)産業が発達しながら、史劇はもはや我が国だけでなく、海外の視聴者も楽しめるコンテンツとして、その座をつかんだ。累積観客数1700万人を突破して、今なお国内映画観客数1位を守っている『鳴梁』、ネットフリックスで電波に乗って海外で爆発的な興行を記録したドラマ「ミスターサンシャイン」だけ見ても史劇の人気を実感することができる。

こうした史劇人気の秘訣には、当然ながら興味津々な脚本と監督の精巧なディレクティング、俳優たちの熱演ぶりがあろう。しかし、目に留まらなくても作品の完成度を決定付ける点がまだある。時代をそのまま再現したかのような衣装や武器などの装備・小道具がそれだ。特に、ジャンルの特性上、戦闘シーンが多い史劇の場合、剣のような武器小道具のクオリティは、劇への没頭度に大きな影響を与える。

■映画『鳴梁』の李舜臣将軍の剣を伝統技術で再現する
伝統刀剣製作会社「高麗伝統技術」は、15年間積み重ねてきた伝統刀剣復元ノウハウを基に、韓国内史劇制作に必要な三国および高麗、朝鮮時代の武器文化に関する考証資料を適用して、放送小道具を製作・供給している。

高麗伝統技術は、現在まで約300本以上の映画およびドラマ放送小道具を製作した。映画『鳴梁』、『最終兵器弓』、『安市城』、『鳳梧洞戦闘』、『南漢山城』、ドラマ『ミスターサンシャイン』、『緑豆の花』など彼らの手に入った小道具は、スクリーン中で伝統刀剣として、生まれ変わった。

高麗伝統技術が常に上手くいっていたわけではない。最近まで放送業界では、費用などの問題で低価格の中国産小道具を多く使っていたが、今年3月にSBSの『朝鮮駆魔師』が放送廃止されたことで、放送小道具の重要性を再認識した後、再び高麗伝統技術を求める制作会社が増えてきたという。伝統技術を保有して、確実な考証を通じて信頼できる小道具を製作するという理由からだ。

高麗伝統技術の関係者は、「最新装備と施設を活用した生産工場を備えて、これを通じて高品質な小道具を大量生産して、放送各社の要求事項を満たせるような多様な製品製作に努めている」と話した。

■日本刀剣匠人から伝授された技術力
ムン・ジュンギ高麗伝統技術代表は、刀剣製作の技術を学ぶために、2006年に日本に渡った。彼は日本で5年間、刀剣長である「マツバイチロ」から刀剣製作についての全般的な技法を伝授された。

日本で学んだ刀剣製作技術を会社の刀剣生産に適用して、昔、我々の先祖から日本に渡った技術を復元した。現在もマツバイチロ匠人と交流しながら、伝統刀剣について共同研究している。

また、技術を韓国内に再び伝授して、我が国固有の刀剣を製作できる基礎を築いている。会社が保有している伝統刀剣の技術力が知られて、伝統刀剣の製錬技術を学ぶために、韓国内の有名鍛冶屋の子弟及び技術者、刀マニアたちが会社を訪れて、現在彼らに技術を伝授している最中だ。

■伝統文化と先端技術で鍛えた「刀」
高麗伝統技術は2016年、未来創造科学部(※かつて存在した韓国の国家行政機関、現在は「科学技術情報通信部」。)が発足した「伝統ルネサンス事業団」に属して、様々な研究課題を遂行した。

伝統文化と現代先端技術の融合・複合を通じた技術革新および産業競争力を強化するため、産学研の技術協力促進および伝統文化産業の基盤構築などを支援する「伝統文化融合研究事業」に参加した。(つづく)

トゥデイコリア(韓国語)
http://www.todaykorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=289535


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事