【韓国】光復会長父親の「独立運動功績記録」に虚偽疑惑

NO IMAGE

【韓国】光復会長父親の「独立運動功績記録」に虚偽疑惑

1: ■忍【LV27,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 21/06/26(土)10:12:38 ID:???
朝鮮独立運動に関わった運動家とその子孫・遺族による団体「光復会」の金元雄(キム・ウォンウン)会長の父親、金根洙(キム・グンス)氏の独立運動功績記録が虚偽である可能性が指摘された。
国家報勲処の記録では、金根洙氏が1963年に大統領表彰、77年に建国褒章、90年に建国勲章愛国章を受章し、92年1月に死去したことになっている。
しかし、政府が63年に「光復軍出身」の金根洙氏に大統領表彰を行った当時の功績調書には同氏が既に死亡と記録されていることが分かった。
金元雄会長本人もさまざまなインタビューで63年から90年までの間に父親が表彰を受けたと主張してきた。

 本紙が23日、趙修真(チョ・スジン)議員事務所から入手した報勲処の「1963年大統領表彰者・金根洙功績調書」(管理番号8245)には、「生存作故」欄に「作故」と記されている。
ところが、報勲処の報勲展示史料館の功勲録によれば、90年に建国勲章愛国章を受章した金根洙氏の死亡日は92年1月30日だ。
63年の功績調書と90年の功勲録の管理番号はいずれも8245号で、報勲処は同一人物として管理している。
報勲処によると、63年に大統領表彰を受けた金根洙氏は77年の再審査で建国褒章に昇級。90年には建国勲章愛国章に昇級した。
問題は功勲録の内容通りならば、63年以前に死亡した人物が92年にも死亡していることだ。

 功勲録によれば……(以下略)

朝鮮日報 6月25日
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/06/25/2021062580058.html


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事