日本からの技術移転で発展してきた韓国の半導体…中国との競争に敗北 それでも”親中外交”を続ける文在寅の迷走

日本からの技術移転で発展してきた韓国の半導体…中国との競争に敗北 それでも”親中外交”を続ける文在寅の迷走

日本からの技術移転で発展してきた韓国の半導体…中国との競争に敗北 それでも”親中外交”を続ける文在寅の迷走

1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/30(金) 18:08:06.80 ID:CAP_USER9
no title

■バイデン政権は補助金を提供へ

 近年、世界の半導体産業の構図が大きく変化している。その一つは、業界盟主の座が米インテルからファウンドリー最大手の台湾積体電路製造(TSMC)に移ったことだ。世界各国の主要企業の多くは、最先端から汎用型までのほとんどの半導体に関してTSMCへの依存度が大幅に上昇している。

【この記事の画像を見る】

 世界的に半導体不足が深刻化している現在、TSMCの存在感は上がるばかりだ。米バイデン政権はそうした状況に危機感を強め、中国の台頭阻止と自国の半導体生産の強化のために日台などとの緊密な連携を強化すると同時に、米国内での半導体生産体制を構築するために多額の補助金などを提供しようとしている。

■ここへきて対中姿勢を強める文政権

 その状況下、韓国のサムスン電子は、投資の積み増しや海外半導体メーカーの買収を模索している。それは、TSMCとの競争に加え、中国の半導体企業からの追い上げに対応する意図があるとみられる。

 韓国経済にとって半導体産業は成長の牽引役だ。米国が半導体などのサプライチェーン再編に取り組んでいることを考えると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は安全保障面で米国と連携し、サムスン電子などの事業運営を支援することが重要な課題となるはずだ。

 ところが、足許、文氏の対中重視姿勢はむしろ強まっているように見える。中長期的な韓国経済の展開にとって、米国よりも中国重視の政策は大きなリスクを伴うと考えられる。中国企業は、いずれ韓国企業にとって強力なライバルになる可能性が高いからだ。韓国国内でもそうした見方を持つ世論が増加している。それは、文大統領の支持率が低迷する一因になっているとみられる。

■競争力でとうとう中国に抜かれた

 リーマンショック後の世界経済において、中国共産党政権は高速道路や鉄道建設などのインフラ投資によって景気を維持しつつ、“中国製造2025”によって半導体の自給率向上や電気自動車(EV)の普及を推進した。“国家資本主義体制”の強化によって中国は在来分野から成長期待の高い先端分野へ生産要素を再配分し、経済成長の実現と軍備拡張に取り組んでいる。

 中国は影響力の拡大を目指して台湾への圧力を強めている。台湾には、TSMCの生産拠点がある。台湾海峡の地政学リスク上昇は、政治、経済、安全保障のすべての面において米国にとって差し迫ったリスクだ。その対応のためにバイデン政権はわが国と首脳会談を行い、韓国との首脳会談も予定している。

 他方で、中国は米国に対抗するために、産業活動に不可欠な半導体の自給率向上を急いでいる。それは、半導体関連企業の国際的な業界団体であるSEMIが発表したデータから確認できる。2020年の世界の半導体材料の販売額では、中国向けが韓国を抜いて世界第2位に浮上した(1位は台湾)。半導体の製造装置市場では中国が世界トップの需要地だ(2位は台湾、3位は韓国)。

■潜在的な成長力は軽視できない

 わが国の半導体製造装置や半導体部材、工作機械メーカーの業況が回復しているのは、世界的な半導体不足に加えて、中国の共産党政権が半導体メーカーなどに補助金を支給し、半導体製造に必要な装置、部材、機械の需要が拡大しているからだ。特に、わが国企業が手掛けるシリコンウエハーやセラミックコンデンサは原料レベルから高い純度を実現し、模倣が容易ではない。

 現時点で、最先端の半導体設計などの知的財産や半導体の生産技術に関しては、米国が競争上の比較優位性を維持している。ただし、製造装置は分解でき、技術の模倣が可能だ。それに加えて、米国の制裁を克服するために中国共産党政権は段階的に市場の開放を進め、その見返りに海外企業からの技術移転をより重視するだろう。人工知能(AI)や宇宙開発における中国の技術向上を踏まえると、中国半導体企業の潜在的な成長力は軽視できない。

(略)

ヤフーニュース(PRESIDENT)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c424a6cab84865e60daf9f49a02ee89b19ae38c7


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事