【パヨク悲報】脱原発の金曜デモ、資金難で休止 国会前で最後の訴え

【パヨク悲報】脱原発の金曜デモ、資金難で休止 国会前で最後の訴え

あわせて読みたい

【パヨク悲報】脱原発の金曜デモ、資金難で休止 国会前で最後の訴え

1: 蚤の市 ★ 2021/03/07(日) 22:13:49.98 ID:qapm1dRm9
ACAA4D60-8210-4A53-B98E-3B9C8F6C9C21
 東日本大震災後、東京・永田町の首相官邸前で毎週金曜夜に脱原発を訴えてきた市民団体「首都圏反原発連合」が、3月末で休止する。金曜デモを397回行ってきたが、参加者が減少し、資金難になったことが主な理由という。7日には、団体が主催する休止前最後の国会前での集会があり、参加者が「原発はいらない」「再稼働反対」などと訴えた。

 集会は、11日に東日本大震災から10年となるのを前に開催し、数百人が集まった。新型コロナウイルス感染防止のため、参加者の検温などの対策をとった。

 仙台市出身の高橋智彦さん(29)は、東京電力福島第一原発事故から約10年が経過し、記憶の風化が心配という。「事故はまだ終わっていない、という思いを政治に届けたかった」

 東京都大田区の伊藤あき子さん(67)は9年前から金曜デモに参加。コロナ禍でいまは行っていないが、休止と聞き、この日の集会に参加した。「金曜デモを通じて、おかしいと感じたら、政府に怒っていいんだと気づかせてもらった」

12年6月には20万人、首相とも面会したが
 首都圏反原発連合は2011年…(以下有料版で、残り482文字)

朝日新聞 2021/3/7 20:38
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP376RWPP37UTIL013.html?iref=sptop_7_02


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事