【新型コロナ】二重マスクの予防効果、スパコン富岳で検証「不織布マスク1枚を隙間なく装着と変わらず」 理研

【新型コロナ】二重マスクの予防効果、スパコン富岳で検証「不織布マスク1枚を隙間なく装着と変わらず」 理研

【新型コロナ】二重マスクの予防効果、スパコン富岳で検証「不織布マスク1枚を隙間なく装着と変わらず」 理研

1: すらいむ ★ 2021/03/04(木) 22:53:39.69 ID:CAP_USER
masuku
二重マスクの予防効果、スパコン富岳で検証「不織布マスク1枚を隙間なく装着と変わらず」

 新型コロナウイルス感染対策について、理化学研究所(理研)などは4日、神戸・ポートアイランドのスーパーコンピューター「富岳」を使い、マスクの予防効果などの研究結果を発表した。
 マスクを二重にすることは、不織布マスク1枚をなるべく隙間なく着けた場合と変わらないことが分かった。

 理研計算科学研究センターのチームリーダー、坪倉誠・神戸大教授らが取り組んだ。
 報告は5回目。

 研究によると、不織布は性能が高い分、通気性が悪いが、布やウレタンは性能は下がるが通気性は良いという。
 不織布マスクはワイヤを鼻の形状に沿って折り曲げた場合、飛沫を捕集する割合は85%で、ワイヤを折り曲げなかった場合は69%に下がるという。

 不織布マスクの上にウレタンマスクを重ねて着けた場合、捕集の割合は89%に上昇。
 だが、不織布マスクを正しく着けた場合に比べ4%しか変わらなかった。
 捕集の割合が9割を超えると、息苦しくて装着の維持が難しいとみられる。

(略)

神戸新聞NEXT 3/4(木) 16:14
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd6ef125905e5978d2448f260a142190b740d584


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事