Nikonのカメラ事業は継続できるのか? 売り上げが5年で半減

Nikonのカメラ事業は継続できるのか? 売り上げが5年で半減

あわせて読みたい

Nikonのカメラ事業は継続できるのか? 売り上げが5年で半減


(出典 www.megaegg.jp)

カメラの販売台数は壊滅状態

このまま撤退してしまうことになるのか

1 記憶たどり。 ★ :2021/03/02(火) 12:41:25.50

カメラ映像機器工業会(CIPA)によると、2020年のデジタルカメラの世界出荷台数は19年比42%減の888万台だった。 
スマートフォンの台頭で市場の縮小が続くなか、新型コロナウイルスの感染拡大でイベントの中止や外出自粛が相次ぎ、出荷台数が大幅に減った。
台数ベースではピークだった2010年(1億2146万台)の14分の1に激減した。 
機種別ではミラーレスが26%減の293万台となり、47%減だった237万台の一眼レフを年間ベースで抜いた。 

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

知りタイムズカテゴリの最新記事