フィギュアスケート・ワリエワのドーピング疑惑 検出されたのは血管拡張作用の物質か…

フィギュアスケート・ワリエワのドーピング疑惑 検出されたのは血管拡張作用の物質か…

フィギュアスケート・ワリエワのドーピング疑惑 検出されたのは血管拡張作用の物質か…

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/10(木) 07:07:26.64 ID:CAP_USER9
2/10(木) 5:11配信
スポーツ報知

 北京五輪のフィギュアスケート団体戦でROC(ロシア・オリンピック委員会)の金メダル獲得に貢献したカミラ・ワリエワ(15)にドーピング疑惑が浮上した問題で、ロシアのスポーツ情報サイト「Sports.ru」は10日、検出された物質が血管拡張作用のあるトリメタジジンだったと報じた。検体は昨年12月に採取されたものだという。

 トリメタジジンは血管を拡張することで心臓の機能を緩和し狭心症発作を予防する効果があり、狭心症や虚血性心疾患の治療に用いられる。ドーピング検査の禁止薬物リストに入っており、18年平昌五輪ではロシアから出場したボブスレーの女子選手から検出され大会から追放処分を受けている。

 ワリエワのドーピング疑惑は、五輪専門メディアの「インサイド・ザ・ゲームズ」が9日に、8日に行われる予定だった団体戦のメダル授与式が中止となった理由を「ワリエワが北京五輪前に行った薬物検査が原因に含まれている」と報じたことで浮上。世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の規定で16歳未満のアスリートは正式に発表などが行えない。国際オリンピック委員会(IOC)のマーク・アダムス広報部長も9日の定例会見で「法的な協議が国際スケート連盟と必要になった。新たに出てきた問題であり、明確になった時点で情報提供する」と述べていた。

 IOCは10日日本時間午前11時に定例会見を、午後3時から北京五輪組織委員会の会見が予定されており、動向が注目される。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220210-02101006-sph-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/98a9d48cc81b23c0385829ad42563133f15e6507



続きを読む

続きを見る(外部サイト)

SPORTS FIELDカテゴリの最新記事