“真のモッズの生みの父”、スティーヴ・マリオットの遺産は今でも輝き続ける

“真のモッズの生みの父”、スティーヴ・マリオットの遺産は今でも輝き続ける

“真のモッズの生みの父”、スティーヴ・マリオットの遺産は今でも輝き続ける

1: 湛然 ★ 2022/01/30(日) 14:55:08.43 ID:CAP_USER9
“真のモッズの生みの父”、スティーヴ・マリオットの遺産は今でも輝き続ける
Published on 1月 30, 2022 uDiscoverMusic
https://www.udiscovermusic.jp/stories/steve-marriott-legacy
Photo: Fin Costello/Redferns
https://www.udiscovermusic.jp/wp-content/uploads/2022/01/Steve-Marriott-GettyImages-84886917.jpg

スティーヴ・マリオット(Steve Marriott)がこの世を去り、彼の音楽的遺産を取り囲む評価や活動を見ることができないのは非常に残念なことである。キャロル・ハリソンによる脚本で、現代の設定でスモール・フェイセスの歴史を振り返ったミュージカル『All Or Nothing』は全国各地を巡回しながら絶賛され、2016年にはロンドン公演を開催して好評を博した。首都やいくつかの地方ツアーでも満杯に埋め尽くされた会場で公演を行ってきたこのミュージカルだが、2018年初頭にアーツ・シアターでロンドンに戻り、2019年夏にはモデル・キャピタルであるブライトンを訪れた。

スモール・フェイセスの後にスティーヴ・マリオットが結成したバンド、ハンブル・パイはあちこちのロック・ファンによって崇められ続けており、ポール・ウェラーやギャラガー兄弟といった面々と歌ってきたスティーヴ・マリオットの娘、モリー・マリネットもまた彼女のデビュー・アルバム『Truth Is A Wolf』が特に大絶賛されたように、彼女自身のソロ活動で評判を確立している。ミュージカルには彼女もクリエイティヴ・コンサルタントとして関わっている。

●My Mind’s Eye
https://www.youtube.com/watch?v=372BBqmZP4c

かつて“真のモッズの生みの父”と呼ばれていたスティーヴ・マリオットは、1947年1月30日、英東部エセックスのマナー・パークにて生まれた。44歳のとき、1991年4月に起こった火事によって悲惨で早過ぎる死を遂げてしまったスティーヴ・マリオットだが、長年にわたる情熱的な音楽的才能に、彼が注ぎ込んできたものは相当なものだった。

最初のバンドを結成したとき、スティーヴ・マリオットは若干12歳だった。ミュージカル『オリバー!』のアートフル・ドジャー役としてロンドンのウェストエンドのステージに初めて立ったのが13歳の時。16歳の時には彼の最初のソロ・レコードをデッカと契約するまで漕ぎつけ、スモール・フェイセスが結成された時は17歳だった。

スモール・フェイセスの仲間、ロニー・レーンと共に書き上げた彼の見事なソングライティングと、スティーヴ・マリオットの明確にソウルフルなロックの舵取りによって、スモール・フェイセスは、活気あふれる60年代として我々が思い出すものとして欠かせないグループとなった。彼は大胆不適で厚かましくもあり、コントロール不可能な革新家だった。そしてスモール・フェイセスはほとんどのバンドが一生かけてやるよりも多くのことを4年間でやってみせた。

それからスティーヴ・マリオットは、ほとんど不可能に近い快挙を成し遂げた。更にもうひとつのバンドとなるハンブル・パイを結成し、今度はもっとハードなロック・サウンドであっという間に大成功を遂げ、1970年代のアメリカのアリーナを満席にした。ハンブル・パイは、スティーヴ・マリオットのあふれんばかりの才能にとって、完璧な目的達成のための手段でもあった。

●I Don’t Need No Doctor (Live At The Fillmore East / 1971)
https://www.youtube.com/watch?v=mSyrf-FYKVE

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

Written by Paul Sexton

ネットの反応

78: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 19:45:25.19 ID:lOGIIdq40
>>1
モッズがどうこうより
英米ではボーカリストとしての再評価が凄く高まってる
日本ではちょっと無名すぎ

 

82: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 20:48:54.37 ID:rVoIqTn20
>>78
あのアツすぎるボーカルがたまらんよね
別にモッズがどうこうかんけいなく熱すぎる

 

84: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 22:41:03.15 ID:1JNlprCO0
>>78
ロバート・プラントが追っかけしてたぐらいだもんな

 

102: 名無しさん@恐縮です 2022/01/31(月) 15:26:21.98 ID:74NX6KOx0
>>78
HUMBLE PIE結成時でフランプトンにとってはもう「あのマリオットとgkbr」だったもんな

 

2: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 14:55:50.42 ID:rw9c77ew0
成人式にモッズスーツ着てくる奴芋臭い

 

3: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 14:58:04.67 ID:Y2Ua+wk80
モッズってどういう意味?
モッズヘアとか音楽にもモッズってあるん?

 

23: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 16:59:32.15 ID:IIGfVS6J0
>>3
モダーンズの略

 

79: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 19:49:41.74 ID:YZk6fxqD0
>>23
まじ?
横だが目から鱗

キースキャラダインとジョンローンのモダーンズは
俺のライフタイムフェイバリット

 

80: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 20:25:35.98 ID:h2bWrobs0
>>79
モダーンズのキースキャラダインはカッコよかったね
当時日本ではジョンローンが大人気だったからそっち目当てで観に行った人が多かっただろうけど
マークアイシャムのサントラも良かった

 

4: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 14:59:27.19 ID:89lxi7eP0
フェイセスとスモール・フェイセスってどちらが先だったっけ?

 

9: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 15:13:43.19 ID:Me3ehkBj0
>>4
スモールフェイセズが先だよ
ロッドとロニーが加入してからもスモールフェイセズと名乗ってたけど二人がスモールというほど背が低くなかったから改名した

 

12: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 15:30:43.33 ID:xoqsULBv0
>>9
スモール・フェイセズ(ちょっとした顔役)から
ランク・アップしてフェイセズになったと思ってた。
スモール・フェイセズ(マリオット在籍)で続けてたら、
ザ・キンクスみたく英国民に愛されてたろうな。
 
スポンサーリンク


 

5: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 15:02:27.80

 

6: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 15:04:45.40 ID:wB4FOPbc0
モッズバンド?ハイ・ナンバーズの方が元祖やろ

 

64: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:45:40.31 ID:Q9mniz/W0
>>6
ハイナンバーズはthe whoもそうだけど早すぎたパンクバンドだからなぁ…

 

81: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 20:47:49.55 ID:rVoIqTn20
>>64
ハイナンバーズは普通にブルース色の強いバンドって感じでパンクの要素はなくね?
フーより好き

 

72: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 19:14:03.64 ID:c0GpQvPp0
>>6
モッズに受けようとして、マネージャーにバンド名から姿格好までモッズにされた。モッズから生まれた真のモッズバンドはスモールフェイセズだよてピート•タウンゼントも言ってる。

 

7: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 15:07:11.59 ID:iyqYTw0w0
マリオットが種を撒いたModの精神は日本でも息づいている
激しい雨、ネオGS、その他・・・

 

8: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 15:12:35.91 ID:6h4cudml0
ピート・タウンゼントじゃね~のかよ!!!

 

13: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 15:35:05.40 ID:+NBW5ioU0

 

17: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 16:10:23.08 ID:b0JsR+Mq0
>>13
モッズ=スティングか

 

21: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 16:50:19.16 ID:myY4+tnh0
>>17
主人公を演じた俳優の話だと、出演者は事前にスクーターに乗る練習をさせられたらしいけど、
スティングは上手く乗れずに足を地面に付いていて、それをバカにしてた。
体がデカいし、本業が忙しくて練習する暇も無かったのかもしれないけど。

 

18: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 16:23:53.20 ID:myY4+tnh0
>>13
あの芸人、コンビ名変えないのかな

 

52: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:25:11.17 ID:U4/QKjx60
>>18
コンビ名はサラバに改名すればいいのになw

 

16: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 16:09:57.17 ID:b0JsR+Mq0
モッズとかどうでもええが白人ソウルとしてはウインウッドと双璧で
どちらも物凄い歌

 

19: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 16:28:11.65 ID:tthrjDvh0
10代でよくあんな渋いというかかすれた声出してたよ、曲は初期のはポップで聴きやすいな
91年ころに買った払い下げのモッズコートまだ持ってるわ
まあ日本には現役モッズバンド=コレクターズがいるからな
 

 

31: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 17:22:46.66 ID:xZhdgyrC0
マリオットの凄まじい熱量
圧倒されるね

Small Faces – Montage-Debut at the Marquee.mpg
https://youtu.be/0VVqLj8uBpQ

 

32: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 17:23:38.32 ID:5ZMyS5Kd0
80年代の日本のネオモッズムーブメントも面白かった
モッズメーデーに何度かいったことがある
コレクターズとかいいバンドもあった
メーデーは今も細々と続いてるらしい

 

39: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 17:50:08.45 ID:dLSHqwdh0
俺、何年経ってもピーターフランプトンの良さがわからねえ

 

73: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 19:15:43.91 ID:au1aTRJq0
>>39
何であんなにカムズアライブが売れたのは不思議
でも、ハンブルパイでのプレイはカッコいい
特別上手いってわけじゃないけどね

 

77: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 19:31:03.75 ID:eSU412li0
>>73
ありゃ、廉価な2枚組でお得感があったというのが一因だろ
もちろんサウンド、特にトーキングモジュレーターによる
Show Me The Wayが斬新で完璧だったこともあるけどね

 

99: 名無しさん@恐縮です 2022/01/31(月) 12:40:44.92 ID:ds0r9JcN0
>>39
もう筋の難病で引退状態だけど
近年のプレーは素晴らしかった
クラプトンとの共演のホワイルマイギターは
完全にクラプトンを食ってるので
見てみそ

過小評価ギタリストだよ、ピーターフランプトンは

 

48: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:18:19.69 ID:tnhBc/yj0
ハンブル・パイはかっこよかったね

 

59: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:33:05.95 ID:hIrvmpMi0
>>48
ハンブルパイいいよね
でもマリオットが神扱いされるのは当然だと思うけどフランプトンももっと評価されるべきだと思うんだ

 

50: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:23:32.99 ID:U4/QKjx60
ザモッズはファッション真逆

 

57: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:31:59.31 ID:5eJtljEP0
>>50
初期のthe Modsはカッコも音楽も違ったのにねw
でもデビューしてからも音楽はフーとかの丸パクリだったけどw

 

56: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:31:55.84 ID:FJY+yLwy0
ハンブル・パイだけど、これも圧が凄まじい

I Don’t Need No Doctor (Live – Edit)
https://www.youtube.com/watch?v=5NZYmvN96Rg

 

61: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 18:34:31.06 ID:H4tKMXYR0
最近はイギリスのバンドってどうなのかな
アメリカで売れてなんぼとか聞いたけどもう出てこないのかな

 

68: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 19:05:46.00 ID:Ruksj3DN0
昔はハンブル・パイのほうが評価高かったみたいだけど今や完全にスモール・フェイセスでの功績で語られることが圧倒的に多い

今聞くとかなりハンブル・パイはダサいし他にもあの手のはブルース系ハードロックバンドなんてあの時代腐るほどあったしな

逆にスモール・フェイセス時代の格好良さは唯一無二

 

74: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 19:18:32.28 ID:/fNBi8J30
スモール・フェイセスのファーストは売らずに持っている
レコードだから聴く機会がほぼないけど

 

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643522108/

続きを見る(外部サイト)

げーすぽchカテゴリの最新記事