「十角館の殺人」 コミカライズ版 4巻 ネットの感想

「十角館の殺人」 コミカライズ版 4巻 ネットの感想

「十角館の殺人」 コミカライズ版 4巻 ネットの感想

十角館の殺人

作品紹介
「角島青屋敷 謎の四重殺人事件」で謎の死を遂げた建築家・中村青司が「島」に建てた十角形の奇妙な館を、大学のミステリー研に所属する七人――エラリイ、ルルウ、アガサ、カー、ヴァン、ポウ、オルツィが訪れる。到着した次の日、中央ホールのテーブルに「第一の被害者」「探偵」「殺人犯」……と書かれたプレートが置かれていた。誰かの悪戯だろうと目されていたが、四人もの「被害者」が出てしまい、少なくなってしまった「島」のメンバーは「犯人」の正体を突き止めるために奔走する。
続きを読む

続きを見る(外部サイト)

漫画発売日カレンダーカテゴリの最新記事