【産経】朝鮮戦争での抗米を描いた映画、中国で興行収入歴代一位に 中国当局は映画への批判を封殺か

【産経】朝鮮戦争での抗米を描いた映画、中国で興行収入歴代一位に 中国当局は映画への批判を封殺か

【産経】朝鮮戦争での抗米を描いた映画、中国で興行収入歴代一位に 中国当局は映画への批判を封殺か

1: みの ★ 2021/11/27(土) 09:47:59.33 ID:/zs5rsid9
UQP55LWS2ZJZ5NEY22UICZSJQE
【北京=三塚聖平】中国で、朝鮮戦争(1950~53年)の激戦地を題名にとった映画「長津湖(ちょうしんこ)」が26日までに、興行収入56億9500万元(約1020億円)を記録し、中国映画市場で歴代首位となった。中国人民志願軍と米軍の戦いを描いた国威発揚映画で、現代の米中対立を背景に中国共産党・政府は「抗米」の過去を強調している。

 「長津湖」は、著名監督の陳凱歌(チェン・カイコー)氏らが監督し、呉京氏ら人気俳優を集めた3時間近い大作だ。国威発揚や愛国精神といった国策を反映した「主旋律映画」と呼ばれるジャンルとして位置づけられている。

 10月上旬の国慶節(建国記念日)連休に合わせて公開。国営新華社通信によると、今月25日に興行収入で歴代トップになった。これまでの首位は、2017年公開のアクション映画「戦狼(せんろう)2」。同じく呉京氏が主演し、中国の攻撃的な外交姿勢を表現する言葉の由来となった映画だ。

 朝鮮戦争では、中国が人民志願軍を派遣し、米軍を主体とする国連軍と戦った。映画の題名となった北朝鮮東部にある長津湖付近では、1950年冬に米海兵隊が中国側の攻勢に遭って撤退している。映画はこの戦いを中心に、中国の兵士が極寒に耐えながら、物量で勝る米軍を相手に戦う姿を英雄的に描く。戦場となった北朝鮮と韓国の軍隊や市民は一切出てこない。

(略)

産経新聞 2021年11月26日 19時50分
https://www.sankei.com/article/20211126-FGYPM3IXFNPTJILZOTGBACCAJA/


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事