元阪神岩田稔氏ガリクソン賞受賞「根治に向けての研究が進むように活動を」

元阪神岩田稔氏ガリクソン賞受賞「根治に向けての研究が進むように活動を」

元阪神岩田稔氏ガリクソン賞受賞「根治に向けての研究が進むように活動を」

1

今季限りで現役引退した元阪神の岩田稔氏(38)が自身のインスタグラムを更新し、「ガリクソン賞」の受賞を報告した。

「ガリクソン賞」は1型糖尿病を抱えながら巨人在籍2年間で計21勝、大リーグ通算162勝を記録したビル・ガリクソン氏(62)の名前にちなんだ賞。同病患者で一般社会、スポーツ、文化、科学、芸術などで活躍した人、キャンプスタッフとしての貢献が著しい人に対して、日本糖尿病協会から贈られる。

岩田氏はインスタグラム内で表彰状の写真をアップし、「まだまだ1型糖尿病は認知度が低いので、これから国民に認知されるように、根治に向けての研究が進んでいくように、地道にいろいろ活動していこうと思います」などとコメントした。

岩田氏は大阪桐蔭2年冬に1型糖尿病を発症。阪神入団後は08年から患者との交流会、病院訪問などに尽力している。09年からは同病患者・家族の支援団体「日本IDDMネットワーク」を通じ、1勝につき10万円を「1型糖尿病研究基金」に寄付。創設した「岩田稔基金」は同病根治を目的とした研究助成に使われている。

阪神では通算60勝82敗、防御率3・38。今後も1型糖尿病の啓発活動を続けていく。


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

とらほー速報カテゴリの最新記事