ロシア、2060年にCO2排出実質ゼロ プーチン氏表明

ロシア、2060年にCO2排出実質ゼロ プーチン氏表明

あわせて読みたい

ロシア、2060年にCO2排出実質ゼロ プーチン氏表明

1: 少考さん ★ 2021/10/13(水) 22:40:56.45 ID:rkNLWIQY9
putin1013

ロシア、2060年にCO2排出実質ゼロ プーチン氏表明

【モスクワ=石川陽平】ロシアのプーチン大統領は13日、モスクワで開催中の国際フォーラム「ロシア・エネルギー週間」で演説し、ロシアで排出される二酸化炭素(CO2)を実質ゼロにするカーボンニュートラルを2060年までに達成する方針を表明した。価格の急激な上昇が問題になっている欧州市場への天然ガスの供給については「追加措置を協議する用意がある」と語った。

CO2の国別排出量でロシアは世界で4番目だが、1991年のソ連崩壊後の経済低迷で排出量自体は大幅に減っていた。さらなるCO2の排出抑制には消極的だと見られていたが、プーチン氏は13日、カーボンニュートラルの達成時期について「われわれは具体的な目標を掲げる、2060年までだ」と述べ、国際的な脱炭素化への貢献に積極的な姿勢を訴えた。

欧州への天然ガス供給については「ロシアは契約を完全に履行している」として、21年には過去最高水準の供給量になると指摘した。1~9月の欧州向けの天然ガス供給量については、ロシアは液化天然ガス(LNG)を含めて前年同期比で15%増やしたと述べ、欧州諸国の要請があれば「もっと増やす」と強調した。ただ、供給増への具体的な計画には触れなかった。

(略)

日本経済新聞 2021年10月13日 21:59
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR13CIW0T11C21A0000000/


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事