【韓国】韓国5G、約束した速度の30分の1

【韓国】韓国5G、約束した速度の30分の1

あわせて読みたい

【韓国】韓国5G、約束した速度の30分の1

1: 動物園φ ★ 2021/04/19(月) 01:39:11.49 ID:CAP_USER
kr250
 
 今月2日午前、ソウル市中区乙支路のSKテレコム本社「Tタワー」前で「5G被害者」による集会が開かれた。参加者らは「移動通信事業者が5Gの全国ネットワークの構築すらまともに行わず、高額の5G料金プランに加入させた。家が完成していないのに、家賃を受け取るようなものだ」と憤った。彼らは移動通信3社を相手取り、5G料金プランに関する集団訴訟を準備中だ。

 2019年4月3日夜11時、韓国の通信3社は世界で初めて5Gスマートフォンのサービスを開始した。当初5G商用化は5日午前0時に予定されていたが、米ベライゾンがサービス開始を早めるという情報があったため、政府と通信各社が急きょ時期を前倒しし、「世界初」のタイトルを守った。2年がたった現在、5Gの契約者数は1366万人(2月現在)を超えたが、5Gに対する評価は割れている。

■世界初の5G開通…「韓国の5Gは世界トップレベル」

 韓国の政府と通信キャリアは韓国が世界で初めて5Gを商用化したため、5G技術のリーダーシップを確保し、通信設備、ソリューションなどの世界市場で韓国企業が競争力を確保できたと主張する。サムスン電子は昨年、米移動通信最大手ベライゾンに約7兆5000億ウォン(約7340億円)相当の5Gネットワーク設備を輸出したのに続き、日本、カナダへの設備輸出を増やしている。5G商用化の経験を掲げ、米政府が先進国市場から追い出している中国・華為技術(ファーウェイ)の後釜に座っている。LGユープラスは通信事業者としては異例の試みとして、中国、タイ、日本に約2200万ドル(約24億円)の5Gコンテンツと運営ノウハウを輸出した。SKテレコムはアジア、中東、アフリカ地域の通信業界連合であるブリッジ・アライアンスと協力し、5Gモバイルコンピューティングハブを構築し、世界展開に取り組んでいる。

 過去2年間、韓国国内で5Gネットワーク構築に16兆ウォン以上をつぎ込んだ韓国通信業界は国内の5Gサービス水準が世界最高だと自負している。実際にユーザーのデータに基づき、インターネット接続速度を測定する米リサーチ業者スピードチェックが最近、全世界22カ国の5G速度を調べたところ、韓国が1位だったと発表した。これに先立ち、英リサーチ企業オムディアは昨年10月、韓国が5Gを商用化した主要22カ国で最もリードしていると指摘した。オムディアは5Gサービスに関連し、周波数の可用性、商用サービス、サービス利用分野、契約者の数と割合、生態系政策など5項目を総合評価した。

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/16/2021041680101.html


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事